”ふるさと”へのこだわり…

 
平成24年5月8日

東京スカイツリータウンに
トーキョーサイダーのふるさと”向島・吾嬬町”が復活!!

いよいよ開業まで2週間
2012年5月22日、東京ソラマチ®にオープン

”ふるさと”へのこだわり

1.“ふるさと”、それは墨田区・・・

店舗名「AUZMACHO」はトーキョーサイダーのふるさと向島区吾嬬町(現:墨田区北東部)の町名に由来しています。そこで、当店は、トーキョーサイダーを中核にして、東京下町に残る伝統文化や風情を独特の世界観と共に発信して参ります。

当店ではなつかしさとあたらしさ楽しさと美味しさの提供に努めて参ります。

2.“ふるさと”への「こだわり」 

当店では、ふるさとにこだわり、地元企業とのコラボレーションすみだコラボや地元企業のものづくりすみだものづくりの活用を徹底的にこだわって参ります。

(1)すみだコラボ 
AZUMACHOの地元、墨田区の企業とコラボレーションしたメニュー

①吾嬬町ドッグ(当店自慢のこだわりのホットドッグ)
ドッグパン:地元の人気店「富夢富夢」と「かめぱん」が当店のために、初の共同開発したパンは、小麦本来の味とこだわり食感が特長。ソーセージ:ジューシーなポークミートにオリジナル香辛料を加え、本場ドイツでも称賛の「桑原ハム」の製造技術で、最適食感と驚きの美味しさを実現。

●かめぱん(有限会社亀屋・墨田区立花)
- 下町のパン屋一筋60余年、厳選素材を使用し、確かな技術で安全・安心を第一に、美味しいパンで、地元に愛され続けている。
●富夢富夢(株式会社セキグチ・墨田区東向島)
- 富士山の溶岩窯で丁寧に焼き上げるパンは絶品。素材にこだわり、徹底した手作り商品はあらゆる年代層に高く評価されている。
●桑原ハム(株式会社桑原ハム・墨田区横川)
- ものづくりのまち墨田区でハム・ソーセージ・ベーコンを唯一造り続けている。基本に忠実な製造技術とその美味しさは世界水準。

②隅田川ブルーイング ヴァイツェン(生ビール)
ヴァイツェンとは主に南ドイツで造られる、大麦麦芽と小麦麦芽を原料に使ったビール。リンゴやバナナに例えられるフルーティーな香りが特長の、吾妻橋の地ビール。

●隅田川ブルーイング
(アサヒフードクリエイト株式会社/生産部・墨田区吾妻橋)
- 吾妻橋は1903年にビール製造が始まり、ビアガーデンも開業した歴史ある地。東京・下町の「ビール文化の故郷」で生まれる個性的なハンドクラフトビールを製造し続けている。

③吾嬬町ブレンドコーヒー
農園限定のニカラグア産のコーヒー生豆を当店独自のルートで調達、地元の珈琲専門店「Café Sucré(カフェ・シュクレ)」で丁寧に焙き上げ、ブラジル産の豆と絶妙にブレンドしたオリジナルスペシャルティーブレンド。

●Café Sucré(Un Cafe Sucre株式会社・墨田区東向島)
- 世界中の厳選珈琲豆を自家焙煎。コーヒーマイスターやバリスタなどの珈琲のスペシャリストが美味しい珈琲生活を応援している。

④おつまみ駄菓子
なつかしいあの味をもう一度。サイダーとの相性はもちろんのこと、アルコールドリンクと一緒におつまみ感覚でお楽しみ下さい。

●株式会社スズキネ(墨田区吾妻橋)
- 創業100年を超える老舗繊維メーカー。老舗ならではの職人技と最新技術により完成度の高い手ぬぐいやバンダナを制作。
●ミサキ(株式会社ミサキ・墨田区錦糸)
- 「すもものミサキ」で有名な駄菓子メーカー。地元墨田区で40年余続く駄菓子問屋は下町文化を今も支えている。

(2)すみだのものづくり
ユニフォームは“ものづくりの街すみだ”の企業で製造されてます。

①ポロシャツ
●丸和繊維工業株式会社(墨田区亀沢)
- 企画から縫製まで、総合プロデュース。老舗繊維メーカーの豊かな経験と高度な技術力を生かし、進取の精神で高感度製品を作り続けている。
●小高莫大小工業株式会社(江東区猿江)
- 墨田区で創業。ポロシャツの襟を編み続けて60余年。職人技を継承しつつ、常に業界に新風を巻き起こしてきたリブ編み専門の製造集団。

②バンダナ
 ●株式会社スズキネ(墨田区吾妻橋)
- 創業100年を超える老舗繊維メーカー。老舗ならではの職人技と最新技術により完成度の高い手ぬぐいやバンダナを制作。

③前掛け
●株式会社半田商店(墨田区横川)
- エプロンの製造・販売に特化。他にユニフォーム等のオリジナル製品の企画・製造にも積極的に対応。

「AZUMACHO CAFE ~トーキョーサイダー倶楽部~」では、”ふるさと”=”すみだ”を愛し、地元企業とのコラボレーション、ものづくりを大切にして参ります。

よろしくお願い申し上げます。

(Written by HA)